船場のまちなみ修景第3弾!

 船場のまちなみ修景第3弾として、
コニシ株式会社 駐車場ゲート」の修景工事が完成しました!


堺筋と道修町の交差点北東角にある旧小西家住宅は、
国の重要文化財として登録されている船場地域でも特に貴重な建築物です。
コニシボンドケミカル商事の社屋でもあるこの建物の横に
社用車ためのプレハブ駐車場があります。
ここにはかつて別の木造建物が建っていましたが、
阪神淡路大震災の折りに倒壊し駐車場となっていたのです。

 まち歩きのスポットにもなっている旧小西家住宅の横に
プレハブの駐車場では・・・ということもあり、
船場HOPEゾーン事業でまちなみに配慮した修景事業として、
新たに駐車場ゲートを作ることになりました。

この修景計画のポイントは
「なかったものを新たに作る」というところです。
設計は「歴史をつなぐ」「耐久性と機能」「まちへの発信」
3つをコンセプトに進めました。
伝統的な木造建築の母屋は道修町のシンボルであると共に、
周りの建物とは大きな時代の差があります。
どんどんと新しくなっていくまちなみの中で、
歴史ある重要文化財の母屋と、もともとはなかった駐車場のゲートを
どう関係させるかを考え「伝統デザイン×現代素材」で
時代をつなぐものとしました。

また、「修景×実用性」という課題として、
有効高さ3.1m、最高高さ3.8m、大型トラックが通るための巨大ゲートは、
安全や耐久性はもちろんのこと、常時円滑に開閉し、
通行するための機能も必要でした。



巨大ゲートを支える為柱や梁は鉄骨造とし、
壁や格子部分は土佐漆喰や杉を使用。
腰板には「かい折れ釘」を使うなど、
細部はなるべく本物の素材を使用しました。
鋼板葺き屋根の棟も母屋とのバランスを見て
数種の試作から選びました。





また、「船場後退線」の境界フェンスを撤去し、
路面アスファルトを石敷きに変えることで
隣地とのつながりにも配慮しました。



工事中から地域で働く人やまち歩きでこられ方の関心は高く、
まちに対する影響をひしひしと感じさせられましたが、
着々と工事は進み、2010年1月15日に無事、
「コニシ株式会社駐車場ゲート」が完成しました。
まちなみを考え、構えを意識したいと言うオーナーさんの思いが形になり、
「これからの道修町」につながる
新しい試みとなったのではと思います。
地域で働く人や訪れる人のまちなみに対する意識が高まり
船場のまちがもっと魅力的になっていくことに
期待したいと思います。



駐車場ゲート(旧小西家住宅東側)
修景設計:建築設計室Morizo-
修景工事:株式会社 山本博工務店
完成年:2010(平成22)年

-----------------------------------------------------------------
旧小西家住宅(国重要文化財)
所在地:大阪市中央区道修町一丁目6番10号
建物所有者:コニシ株式会社(代表取締役 大丸智夫)
建築年:1903(明治36)年
構造・規模:木造2階建
設計:不詳

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

 

HOPEゾーン船場HOME

HOPEゾーン船場blog

サイト内検索

mobile

qrcode

その他

みんなのブログポータル JUGEM