制度の実施にあたって
〜より効果的な制度の活用をめざして〜

「市の予算は年度ごとに限りがあるから、補助は早いもの勝ち?」

「それは良くない。個々の事情はあるかもしれないけれど、
 船場のまちなみにとって、より効果があるもの、
 インパクトがあるもの、
 必要性が高いものから順にやっていくようにしないと。」

市の『まちなみ修景補助制度』を実施するにあたり、
建物オーナーをはじめ、様々な方々からご意見を伺っていく中で、しばしばこのような声をお聞きしました。
協議会としても、まったく同じ想いです。

そこで、この制度が不公平感なく、より効果的に活用されるよう、

○まちなみ修景補助制度の積極的なPR
○修景補助対象物件の調整(修景内容や順番など)のため、
・建物等の所有者のみなさんとの情報交換会の実施
・協議・推薦等システムの活用

などを進めていきたいと考えています。

みなさまのご理解・ご協力をよろしくお願いします!
_________________________________________________________________

まちなみ修景補助制度についてのお問合せは・・・
大阪市都市整備局 まちづくり事業企画担当
Tel 06-6208-9222
大阪市北区中之島1-3-20 大阪市役所6階

関連記事
船場のまちなみづくりをサポート!「大阪市まちなみ修景補助制度」とは?

船場のまちなみづくりをサポート!
「大阪市まちなみ修景補助制度」とは?

「大阪市まちなみ修景補助制度」というものをご存知でしょうか?

まちなみ修景補助制度』とは、
大阪市の『HOPEゾーン事業』のメニューのひとつで、
地域で定めるまちなみづくりのルールに沿った形で建物等を修景※する場合、
その工事費の一部について、大阪市からの補助を受けることができる、
というものです。

※「修景(しゅうけい)」とは、
船場にふさわしいまちなみ形成に向け、建物の外観等を整備することをいいます。

船場地区では、『船場のまちなみ作法』で提案するまちなみづくりのテーマ、
近世、近代の佇まいが光る 花なりしたまちなみづくり
〜上質な船場の‘いま’を愉しむために〜
  の趣旨に沿って、
①近代建築等の再生・活用に関する修景整備
②通・筋、エリアの個性を活かした
オープンスペースや建物の修景整備 に取り組まれる際に、
この『まちなみ修景補助制度』を利用することができます。
_______________________________________

制度の概要は次のとおりです。

【補助対象】
①近代建築/文化財の建物/船場のまちなみに重要なものとして
 協議会から推薦するもの
②通や筋、エリアごとの『船場のまちなみ作法』が定められているところの、
 オープンスペースや建物

【補助の限度額】
補助金の額は、修景整備に必要となる
「設計費+工事費」の3分の2以内の額、かつ、
①の場合800万円以下、
②の場合200万円以下(いずれも1敷地あたり)

【その他】
・建物外観全体のフォルムの維持・保全や
 外観イメージを損なうような要素の改善・撤去等の基本的な要件を満たすこと
・『船場のまちなみ作法』に沿った修景であること
_______________________________________

協議会では、修景物件のオーナーのご協力を得ながら、
完成当時のお写真や丹念に造り込まれた建物内側の様子、
それらを再現する最新の技術など、
普段はなかなか見ることができない修景工事の様子をお伝えしていく予定です。
船場のまちなみが、より魅力的なものへと
少しずつ変わっていく様子を感じていただければと思います。

また、修景工事や協議会の活動などをPRするため、
このような標示板を修景工事中の物件に掲示していただいています。
この看板をまちの中で見かけたら・・・是非ご注目を!!

HOPEゾーン船場看板

まちなみ修景補助制度についてのお問合せは・・・
大阪市都市整備局 まちづくり事業企画担当
Tel 06-6208-9222
大阪市北区中之島1-3-20 大阪市役所6階

| 1/1PAGES |